ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 自家製種のサニーレタスは初めての収穫 | トップページ | 効率良く育て早く収穫するには »

2013年11月16日 (土)

我が家のミニ植物工場の状況

今週は海外出張のまとめやTOEICの受験など、いろいろと忙しくて
水耕野菜のレポートするのが遅れてしまいました。


■サニーレタス

8月下旬に種を蒔いて、その後11月9日に初めての収穫をしました。
北国としては、それなりに適切な時期に種蒔きをしたと思っています。

つまり約2ヶ月ちょっとから収穫できて、以後雪が降って水が凍り出す
までの1ヶ月間ほど、次から次へと毎週収穫して味わうことができるか
らです。

結果論で言うと、あと2週間くらい早くスタートしても良かったのかと。
つまりお盆になったら種を蒔くということですね。来年はそうしようと
思っています。

 8月22日 種まき
11月 9日 1回目の収穫(77日目)
11月16日 収穫後1週間目の状況


■レタス

一方、最初に発芽で失敗してしまったレタスの方は、明らかに出遅れま
した。早収穫した種で失敗したため、購入した種で再度9月16日より
再開したレタスは、下の写真の通りの状況。

まだまだ収穫できるところまではいっていません。
あと2週間以上かかりそうです。

つまり北国では9月に入ってから種蒔きをしたのでは、雪が降って凍る
ようになるまでに、十分な収穫を味わうことができないということです。

12月下旬になると設置場所を替えて、凍結防止をしなければならなく
なるからです。そしてまさに冬眠状態として越冬させ、2月下旬より成
長を再開となります。


■白菜とチンゲン菜

こちらもレタスでのコメントと同じ状況です。推奨種まき時期より1ヶ
月近く遅いスタートは、やはり問題となりました。

仕方がないので、12月中旬までぎりぎり成長させ、越冬させる覚悟を
決めました。収穫は来春となりそうです。

11161

11162

11163


スポンサードリンク:

« 自家製種のサニーレタスは初めての収穫 | トップページ | 効率良く育て早く収穫するには »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/58583845

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のミニ植物工場の状況:

« 自家製種のサニーレタスは初めての収穫 | トップページ | 効率良く育て早く収穫するには »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック