ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« あたらしい仲間、チンゲン菜と白菜 | トップページ | 2日目と3日目のチンゲン菜と白菜 »

2013年10月21日 (月)

恐るべし自家製発芽ユニット!もう発芽!

昨日の朝、買ってきたチンゲン菜と白菜を、スポンジ培地の上に種蒔き
をしました。

昨日までは最高気温が18~19℃と少し寒かったため、そのままでは
発芽するのが遅れるのではないかと思い、自家製発芽ユニットにセット
したのでした。


■1日かからず発芽

すると、何と驚いたことに、朝蒔いた種がその夕方には表皮が破れて深
夜には小さな芽が顔を出し、次の日には双葉の格好になって伸びてきた
ではありませんか。

あまりの早い発芽に、本当にびっくりしてしまいました。

恐らく今までいろいろな野菜を作ってきましたが、今回が最短の時間で
の発芽になるのは間違いありません。

通常であれば2~3日、遅くとも4日ほどで発芽するのですが、今回は
自家製発芽ユニットで環境を整えたため、1日で発芽するという驚異の
記録になりました。


■発芽環境と根の挙動

ミニ室温は23℃くらいで、空気中の湿度はかなり高い状態を維持して
いたため、発芽が促進されたのではないかと思います。

それととても特徴的なのは、それぞれの種の上にあたかもカビではない
かと思うような、白い綿のようなものがついていたことです。

最初はカビだと思って良く眺めてみると、どうも違うような感じです。

今年の年初に、確かキュウリの根が下に伸びないで、空中に斜めに延び
たことがあります。

気温と空気中の湿度がかなり高い場合、根はその空気中に伸びようとし
たのでした。


■環境調整

今回も同じことで、カビではなくすごく細い根が高湿度の空気中に伸び
たのではないかと思っています。なので、このまま空気中に伸びられて
も困るし、一応第1ステップの発芽は達成されたので、透明カバーは取
り外すことにしました。

気温を下げて、湿度も下げるため。
電圧5Vのミニヒーターはあと少し、入れておいてみようと思っていま
す。

さてさて、どうなることやら・・・。

10211

                     10月20日朝8時

10212

10213

                      10月20日夜9時

10214

                      10月21日夜7時

スポンサードリンク:

« あたらしい仲間、チンゲン菜と白菜 | トップページ | 2日目と3日目のチンゲン菜と白菜 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/58429135

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし自家製発芽ユニット!もう発芽!:

« あたらしい仲間、チンゲン菜と白菜 | トップページ | 2日目と3日目のチンゲン菜と白菜 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック