ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 甘い完熟ミニトマトを次から次へと収穫 | トップページ | 完熟ミニトマトの味と収穫の時期 »

2013年8月 1日 (木)

今度は水耕キュウリNO1から2本を収穫

7月25日に水耕キュウリNO2から最初の1本を収穫。
そして今日、水耕キュウリNO1から2本を収穫しました。

これでNO1からは4本を収穫したことになります。
最初の2本は親づるからの収穫で、今回の2本は子づるからの収穫です。

親づるから何箇所も葉が出ていますが、その全ての付け根から子づるが
出てきていますので、現在の子づるからだけであと6本くらいは実るは
ずです。


■今回もモロキューに
キュウリは、カリウム、ビタミンC、カロチンが豊富な野菜で、浅漬け
にしたりサラダにしたりと、様々な料理に使えるおいしい夏野菜です。

浅漬けにして食べるのもおいしいのですが、わたしは生のきゅうりに味
噌をつけて食べるモロキューが、大好きです。

生のまま食べるので、キュウリの新鮮な香りをそのまま味わうことがで
きるからです。

結局、今日は収穫した2本のうちの1本を、写真のようにモロキューに
して食べました。とても瑞々しくてさわやかな味でした。

前にも書きましたが、少しだけ収穫を遅らせ実を大きくしてから食べる
のが、おいしい食べ方だと思っています。ご自分で育てられている方は、
いつもより2~3日ほど収穫を遅らせてから、取って食べてみてくださ
い。

すごくキュウリの香りがさわやかで、味の方も甘みが増していることに、
少し感動するのではないかと思います。


■栽培ワンポイント
きゅうりの草勢が弱くなった場合は、なった実を早取りして草勢を回復
させるようにしましょう。そうすれば再び大きな実を着けてくれるよう
なります。

弱ったまま実を大きく育てると、実なりが悪くなってしまい枯れていく
こともあるので、要注意です。

08011

08012

08013

08014


スポンサードリンク:

« 甘い完熟ミニトマトを次から次へと収穫 | トップページ | 完熟ミニトマトの味と収穫の時期 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57908577

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は水耕キュウリNO1から2本を収穫:

« 甘い完熟ミニトマトを次から次へと収穫 | トップページ | 完熟ミニトマトの味と収穫の時期 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック