ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 完熟きゅうりのほんのり甘く瑞々しい味 | トップページ | 水耕栽培ならできる野菜の早期健康管理 »

2013年8月13日 (火)

ミニトマトが突然立ち枯れに「Oh,My God!」

仕事して帰宅してそれに気づきました。顔面蒼白・・・。ではありません
が、第5房までびっしり結実しており、まだ半分以上残っている状態で
あっただけに、失望・・・!!!

昨年は遅めの育成で12月初旬まで栽培できていただけに、なぜ今年
は・・という思いでした。

しかし、過去に1度ベランダでコンテナを使い水耕栽培したときも、
まったく同じ状況がありました。

気温の高くなる8月の晴天の日、突然立ち枯れになったのです。
一度そのようになると、あっと言う間に姿格好が元気の無い老人のよ
うになってしまいます。

■原因
今後のためにもあとでしっかりと考察してみるつもりですが、まずは
今日のところは自分の推測だけ、少し書いておきます。

推測原因:
気温、養液温度、湿度、風などの要因により、ミニトマト本体におい
て異変が発生。根からの吸収量、葉からの蒸散量・・などのバランス
が崩れ、どんどん体力がなくなっていき、根が衰えて行き、あるポイ
ントで突然見える形に。

立ち枯れという。

■根の状態
すぐに確認してみると、上の上体がそっくりそのまま根に出ていまし
た。いやむしろ根の状態が、少し遅れて上に出てくると言った方が、
正しいような気がします。

今回、少しだけ立ち枯れ病について、調べてみましたので掲載させて
いただきます。

08131

08132

08133

==============================================================
ミニトマトの病気:     ★ここから引用になります。

我が家のトマトとミニトマトがやはり一昨日一気にしおれました。
まったく原因が分からず、水は先日まで雨でしたし地植えなので根が
詰まっているとも考えられず。

唯一、肥料が少ない点は気になります。
と、いうのも永田農法に近い方法でトマトを作っています。

今年初めて実がたくさんついたのにショックで明日薄めた肥料をあげ
ようかと思っていたのですが。

モグラでは?のレスを読み、確かに我が家にはモグラはいるようです。
これから先、これから赤くなりそうなトマトを救うにはどんな方法が
あるでしょうか?

どうかいい案をお願いいたします。

ちなみに、途中、主枝から折れたミニトマトをだめもとで
ただ土に差し込んだだけの枝は何故かとても元気です。

やはりこちらには根がまだ出来ていない事を考えるとやはり根に問題
が? ショックです!
--------------------------------------------------------------
長雨の立ち枯れ病かも。暑くても立ち枯れします。
根腐れ・立ち枯れ病は一瞬に枯れてしまいます。

他にも色々と一瞬に枯れる原因はあります。根の病気・事故。
近所のハウスも、通りがかりに見えたのですが、日当たりの良い側が
沢山のトマトの木がかれていました。

--------------------------------------------------------------
萎れは、葉の蒸散に根からの水分供給が追いつかなくなれば、病気で
も線虫でも根傷みでも、物理的に折れても起こります。

枯れるのは、その終着点だと思います。

永田農法の何たるかは存じ上げませんが、梅雨入りまでに強く乾燥さ
せたり肥料不足が続き実の量も多ければ、根の活性は落ちます。

梅雨で何日も雨が続けば根の酸素不足から、なおのこと活性が落ちま
す。その上で、急に好天になれば、水分バランスが崩れます。

病気でなければここらでしょうね。

私なら排水不良を一番に疑いますが、排水の悪い庭であれば、高うね
で作ることですが、排水不良はトマトだけでなくほかの植物の勢いも
悪くなります。

★以上の情報は、下記のサイトより引用させていただきました。
 http://log.engeisoudan.com/lngb/200507/05070107.html
==============================================================
萎ちょう病

Photo_2

低温時によく発生するトマトの代表的な土壌病害です。
晴天の日中の葉のしおれと夜間の回復をしばらくの間くり返し、やが
て下葉から黄化し、しおれが回復しなくなります。

病原菌は土壌や種子で伝染し、土壌中では被害茎葉や根の残渣ととも
に長期間生存します。感染は主に根の先端や傷口から起こります。

とくに土壌が酸性で、土寄せなどによる根の損傷や線虫の加害がある
と発病しやすいです。発病したら撤去するしかない。

--------------------------------------------------------------
青枯病

Photo_3

はじめ先端の葉が日中しおれ、曇天日や朝夕には回復しますが、株全
体が急速萎れ青枯れ症状になります。病勢の進展は速い。

牛乳のような白色の液が出る。

根は褐色に腐敗します。 土の深いところに病原菌が残るので、完全
に土壌改良しないと毎年発生する。

病菌は傷口から侵入するので、芽かきは晴天の午前中に行います。
排水を良好にし、潅水量を少なくします。

一旦全面的に発生すると、土壌消毒で病菌を完全殺菌するか、5年
以上の間隔をとるなどの対策が必要。

★以上の情報は、下記のサイトより引用させていただきました。
 http://park5.wakwak.com/~kcy/tomato_trouble.htm
==============================================================

スポンサードリンク:

« 完熟きゅうりのほんのり甘く瑞々しい味 | トップページ | 水耕栽培ならできる野菜の早期健康管理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57984183

この記事へのトラックバック一覧です: ミニトマトが突然立ち枯れに「Oh,My God!」:

« 完熟きゅうりのほんのり甘く瑞々しい味 | トップページ | 水耕栽培ならできる野菜の早期健康管理 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック