ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 水耕キュウリのしおれた原因が判明 | トップページ | 水耕レタスと2本目の収穫が近づいたキュウリ »

2013年7月 3日 (水)

薹が立った1.5mのサニーレタスに花が

薹が立ったサニーレタスですが、どんどん天を目指してついに1.5m
の高さになりました。
そして今はその先端に小さな蕾が無数につき、少し前から花が咲き始
ています。
上を目指してぐんぐん成長したその勢いは、ようやく終息に近づいたよ
うです。
すごい速度で成長しているときの養液吸収量は半端ではなく、水切りバ
ットに5本植えただけですが、1日3L以上を吸収。補給が大変でした。
■薹立サニーレタスの味
サニーレタスの木(?)に変身したその茎には、5cmくらいの間隔ご
に中くらいの大きさの葉がついており、下から数枚ほど収穫して食べ
てみました。
味は爽やかさが消えてきつめの味。
そして通常のものよりも硬くて繊維質が強い印象。
やはり「薹が立った」ものは、食用に適する時期を過ぎた感があります。
ここでふと、なぜ「薹が立った」というのかが気になり、調べてみました。
■薹が立つとは、
若い盛りの時期が過ぎる。年頃(多くは、婚期)を過ぎるという意味を
表すとのこと。
その語源・由来は、
薹は「ふきの薹」というように、フキやアブラナなど花をつける茎「花茎」
のこと。

とうが伸びると硬くなり、食べ頃を過ぎることから、
野菜などの花茎が
伸びて食用に適する時期を過ぎたことを「とうが立つ」と言うようになっ
た。

そして、人間の年にもあてはめ用いられるように
なったようです。

■今回の感想
サニーレタスの薹が立った姿を見たのは初めてで、花が咲いておそらく
種ができるであろう姿も初めて見るものです。

やはり薹が立ったものの葉の味は、繊維質の影響であまり良いとは思え
ませんでした。

採種するつもりならばここまで育てるしかありませんが、種が簡単に安
く大量に手に入る趣味の家庭栽培家としては、手間暇がかかるためあま
り取り組むメリットはありません。

背の低い状態で育てて成長を眺め、時折葉を1枚ずつ収穫してその味を
楽しむというやり方の方が良さそうです。

07021

07022

07023

スポンサードリンク:

« 水耕キュウリのしおれた原因が判明 | トップページ | 水耕レタスと2本目の収穫が近づいたキュウリ »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57711627

この記事へのトラックバック一覧です: 薹が立った1.5mのサニーレタスに花が:

« 水耕キュウリのしおれた原因が判明 | トップページ | 水耕レタスと2本目の収穫が近づいたキュウリ »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック