ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 | トップページ | 今度は水耕キュウリNO1から2本を収穫 »

2013年7月28日 (日)

甘い完熟ミニトマトを次から次へと収穫

ミニトマト、いよいよやってきました。収穫の時期が。
ここのところ毎日、完熟ミニトマトを食べています。

たった2株の2本仕立てなので、4本の幹にそれぞれ5房のミニトマト
がぶら下がっています。合計20房。

下の房から徐々に赤くなっていっており、現在は第4房が少しずつ赤く
なってきているところです。もちろん第3房までは、全て真っ赤になっ
ています。


■収穫の時期
収穫のタイミングは、花の咲いた日から数えるとわかるのでしょうが、
実際は手で触ってみてある感触になると収穫時期と判断し、1個ずつカ
ットしています。

ある感触とは、最初はすごく硬い感じなのですが、熟してくると少し柔
らかさを感じるようになってきます。

人間でも若いピチピチの人は、肌を触ると奥に硬くて弾力のある筋肉を
感じさせられますが、成熟してくると肌の手応えがしっとりと柔らかく
なってきます。

ミニトマトも一緒です。

毎日、色艶や実割れがないかどうか観察し、軽くタッチして完熟度合い
を読み取っています。そして・・、


■文句なしの完熟の味
ちょうど良い完熟具合のミニトマトの味はというと、本当に甘いの一言。
どこに発送する必要もないし、スーパーで売れるまでの時間を考える必
要もないので、本当にぎりぎりまで熟させてから収穫しています。

これが自分で育てて、一番おいしい時期に、味わって食べる・・スーパ
ーで買って食べるものとは一味違う、とても贅沢な味わい方だと思いま
す。

まさに、野菜栽培を趣味したことでの醍醐味ではないでしょうか。

07271

07272

07273


スポンサードリンク:

« 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 | トップページ | 今度は水耕キュウリNO1から2本を収穫 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57882171

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い完熟ミニトマトを次から次へと収穫:

« 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 | トップページ | 今度は水耕キュウリNO1から2本を収穫 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック