ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 水耕ミニトマトは真っ赤に色づき収穫が間近 | トップページ | 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 »

2013年7月22日 (月)

サニーレタスは種を収穫して終了

ようやくサニーレタスの栽培を終了しました。

7月3日に薹が立ったサニーレタスの葉を食べてみた以降は、まったく葉の
収穫をしていません。やはり薹が立ったものの葉は、あまりおいしいと感じ
れなかったため。

それ以降はひたすら花を咲かせて種がどうやってできるかを観察するため
栽培でした。

それもようやく確認することができ、たくさんの種を収穫することができた
ので、栽培を終了して次のために場所をあけることにしたわけです。


■サニーレタスの種のでき方
今回初めてサニーレタスの種のでき方と、その繁殖のための特性を知るこ
ができました。

本で調べればすぐにその情報は手に入ると思うのですが、何も知らない中
自分で栽培テストを行って、その結果を直に自分の目で確認できたことは、
それなりに感動するものがありました。

今回のテストで具体的にわかったことは、サニーレタスはたんぽぽと同じだ
ということです。何かと言うと、種のでき方がたんぽぽと同じなのです。


■サニーレタスの種はミニ落下傘部隊
花が咲いて終わると、そのあと少し膨らんだ蕾(花の根元)の中に種ができ
てきて、花の部分は種を風で運べるよう綿のような落下傘に変わります。

遠くから見ると、花の蕾の上に丸い綿の塊ができたように見えます。

そして成熟が進むと、種の1個1個がばらけそうになってきて、そして種と
小さな綿が1本の細い茎とつながっており、ミニ落下傘部隊のようになって
いるのです。

強い風で吹かれると、固まっていたミニ落下傘部隊が、バラバラにばらけて
風に乗って他の生育する場所を求めて飛行していくことになります。

種を収穫することが真の目的ではなく、種のできる過程を観察したかったと
いうことですが、そのでき方と植物の生態、自然への展開のことを知り、と
ても興味深かったです。

さあ、次は枝豆(だだちゃ豆)にトライです!

07220

07221

07222

07223


スポンサードリンク:

« 水耕ミニトマトは真っ赤に色づき収穫が間近 | トップページ | 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57834624

この記事へのトラックバック一覧です: サニーレタスは種を収穫して終了:

« 水耕ミニトマトは真っ赤に色づき収穫が間近 | トップページ | 水耕きゅうりNo2、ようやく1本目を収穫 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック