ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 越冬させた水耕レタスはもう食べ頃 | トップページ | 介護の甲斐あって水耕ミニトマト復活 »

2013年5月 1日 (水)

ついに越冬レタスを収穫。発見!細ねぎが越冬

前回越冬レタスが食べごろになったと書きましたが、今朝ほど、ついに収穫
を行いました。レタスの2株からだけ。

冬を通してその姿を観察し、春になって急激に成長を再開してきていたので
すが、ようやく収穫です。

通常、冷涼地では4月に種を蒔き7月に収穫なので、越冬させたレタスは
2ヶ月以上早く収穫できたことになります。

商売ベースでは越冬させることの手間を考えると、決して得策ではないと思
いますが、個人的趣味上のことだと何も問題にはなりません。

冬の索漠とした期間中、それを観察して癒しを感じ、春先には成長再開を
めつつ、それを少しずつ収穫して食する。こういったことができるというの
は、やはり趣味の上だからですね。

そして食べてみました。
味はすこーし甘いような・・、とにかく濃い味というのではなく、
「新鮮だー!」
という味でした。

■細ねぎ
ところで昨年、ブロックで囲んだ花壇に細ねぎを植えて、成果ははかばかし
くありませんでした。肥料っ化の無い土に植えて、そのまま放置し水も何度
も切らしたせいです。

もちろん収穫もほとんどありませんでした。
冬の間はすべて死んでしまっていたと思っていたのですが、当時発芽してい
なかった種が、この春になって発芽したようです。

ふと花壇を見たら、緑の細長いものが目につき育ってきているのを発見した
のでした。自然に越冬しての再生です。

何か植物というのはおもしろいというか、生命力を感じさせられますね。

05011

05012

05013

05014

05015

スポンサードリンク:

« 越冬させた水耕レタスはもう食べ頃 | トップページ | 介護の甲斐あって水耕ミニトマト復活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/57285673

この記事へのトラックバック一覧です: ついに越冬レタスを収穫。発見!細ねぎが越冬:

« 越冬させた水耕レタスはもう食べ頃 | トップページ | 介護の甲斐あって水耕ミニトマト復活 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック