ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 植物工場とレタスと外食チェーン | トップページ | 水耕レタスは急に成長速度がアップ »

2013年1月21日 (月)

零下の中、水耕栽培レタスはいま

晩秋植えのレタスとサニーレタスですが、結局、収穫までは至らずに
冬になってしまいました。

零下が続く雪降る毎日に、養液が凍らないように面倒をみるのは大変
なので、どうしようかと迷っていました。

ですが、いろいろと考えると、やはり途中で止めるのは悔しく思えて、
「ようし今年も」と越冬させることを決めたのでした。

現在、玄関のタイルの上に置いて退避した状態が続いています。

01211


風除室だと朝方は零下3~4℃となり、一発で養液が凍ってしまいま
す。普通の野菜は、根が凍ってしまうと、確実にご臨終になってしま
います。

ですが玄関内だと気温は3~5℃で、凍ることはありません。
その気温ではレタスはほとんど成長しませんが、何とか冬を生き延び
ることはできるのです。

そうやって、昨年、一昨年と越冬させたのでした。

一方、端部をスライスしてそこから芽を出した、人参、ジャガイモ、
ニンニクは、植え替えして重くなっていたので、面倒見が大変。越冬
はあきらめていました。

そのため、こちらは玄関内には移動させず、まだ寒い風徐室内に置い
たままです。

01212


連日零下となった昨年末には、何度か養液表面が凍ってしまっていま
した。案の定、ジャガイモは一発でやられました。

しかし、人参とニンニクはまだ持ちこたえています。
葉の色を見てみると、まだ生命の息吹は残っているように見えます。

本当に寒さに強いのですね。

01213




« 植物工場とレタスと外食チェーン | トップページ | 水耕レタスは急に成長速度がアップ »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/56594664

この記事へのトラックバック一覧です: 零下の中、水耕栽培レタスはいま:

« 植物工場とレタスと外食チェーン | トップページ | 水耕レタスは急に成長速度がアップ »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック