ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

ビヤジョッキは失敗。ビヤグラスレタスに望みを

ビヤジョッキレタスですが、ハイドロボールが悪かったからなのか不明ですが、
結局、植え替てから約10日後にだめになってしまいました。

なんでだめになったのか、理由がわかりません。
反省材料に心当たりを考えてみると、三つくらいありました。


一つは、
LED照明が原因で、一部の葉が焼けてしまったことです。
人の低温ヤケドと同じような原理だと思いますが、LEDを葉の近くに設置し
たため、LEDのレンズで収束された光が強過ぎたことが原因と思います。

長く当て続けた部分が、少しずつ変色して枯れてしまったことです。
その時をきっかけに、いろいろと元気がなくなっていったように感じています。


もう一つは、
ハイドロボールを、しっかり洗浄せずにそのまま使ったことです。
あとでわかったことですが、ハイドロボールには結構付着物が付いていました。

その付着物が悪さを与えたような気もしています。

ちなみにあとで植えたビヤグラスレタスは、種を播くときにハイドロボールを
5~6回すすいで、付着した汚れを洗い流してから行いました。

そのためかどうかわかりませんが、まだまだ元気に成長を続けています。
葉の色や全体の状態を見ると、特に問題ないように見えます。


最後の一つは、
温度です。暖かい部屋に置いたとはいえ、最低気温が-5℃よりも下がったこ
とが何度かあり、部屋の中も10℃くらいまで下がったことがありました。
そのことが何かしら影響あったのかも知れません。


いずれにしろまだ本当の原因が掴めていないので、当面はビヤグラスレタスの
生育状況を見て、ハイドロボール以外に植え替えするのかを決めようと思って
います。

12311

12312

12313

2012年12月29日 (土)

ミニトマト、ついに終わりました

ついにミニトマトが終わってしまいました。
零下5℃の寒さで養液が凍ってしまったため。

12月22日が最終日。
根が凍ってしまうと、1発でだめになるようです。

写真のように枝葉が幽霊柳のように、下に垂れ下がっています。
色も心持ち緑色からうす黒い緑に変わったように見えます。

幹の部分に触ってみると、もう幹内を吸収した養液が行き来して
いないためか、冷やっとした感覚。とても冷たくなっていました。


■昨年のミニトマト
昨年は11月後半に寒くなってからウドンコ病が発生し、あっと
う間に枝葉がまっ白に。

12月11日が最終日で、伐採して整理していました。
従って昨年より11日、命を永らえていたということになります。

以前、ミニトマトを栽培していましたが、そのときの知見からい
と、今年は病気にはなっていなかったので、液温を18℃、気温
は10℃を維持するようにしていたら、まだまだ生育していたと
います。

冬の間その条件を維持して越冬させるのは、かなりの手間隙が
かかります。その代わり、早春からトマトが発育を開始して、早く
から食べれるようになるのですが・・。

12291

12292


2012年12月25日 (火)

ハイドロボール採用の間違いについて

やはりハイドロボールは失敗だったようです。

レタスの本体が少し触っただけで倒れそうになるので、培地のスポンジに
切れ目を入れてその中央部に挟んでから埋めました。

レタス本体はしっかり支えられて倒れなくなったのですが、どうも成長の
具合が悪くなったように思え、今日はまた取り出して観察して見ました。

すると、
 ・レタスの苗本体は少し色艶が減退し、元気が無いように見える
 ・レタスの根が真っ白ではなく、力のない薄茶色をしている
 ・ハイドロボールには何かが付着しているようで、養液が紫色に汚れて
    いる

という状況で、決してレタスは元気な状態ではない、ということがわかり
ました。

■考察(1)
水耕栽培にはハイドロボールは適さない。

 ・丸い粒なので締りが悪く、苗をしっかり保持できない
 ・表面には何かの汚れが付いているようで、養液が汚れる

 ・もしも使うのなら、最初にしっかりと汚れを洗い流してから使うべき
 ・水苔の発生はなし(直射日光が当たっていないため?)

■考察(2)
  ・LED照明を当てているものの、養液の温度が低すぎて、レタスが元気
  なくなっているように感じる

 ・厳しい冬にレタスなどの栽培をする場合は、養液温度・気温・照明の3
  つをしっかり管理する必要がありそう。

 ⇒LED照明を除く、加温養液ヒーター、気温コントロール用小型熱風
  発生装置の3点を、自家作で作る方向で検討することにした。

12251

12252

12254

2012年12月15日 (土)

ビアジョッキレタスとビアグラスサニーレタス

ビアジョッキレタスを植え替えししました。

前の記事で書いたように、丸いハイドロボールの粒ではすぐに動いてしまい、
苗を支えきれないため。

ハイドロボールを何か別のしっかりした培地に替えようかと思ったのですが、
他に何か良い方法がないかと考えているときに、ふと水耕栽培の培地用角ス
ポンジに目がいきました。

その瞬間、頭の中でランプがピカッでした。角スポンジを1ヶ手に取り、中
央に切れ目を入れて、それに苗をはさんでハイドロボールの中に埋めました。
少し深めに。

つまり苗を角スポンジがしっかり支え、角スポンジの周囲をハイドロボール
で包んで支え合うようにしたということです。

もう苗を指で触っても、まったくグラグラしません。
グッドです!

ところで植え替えのときに、少しの間、根を露出させたのですが、その後、
双葉の次に出た第3葉(LED照明が近すぎたため1/3ほど焼けた葉)が
急に元気がなくなり、しおれてしまいました。

第4、5葉はしっかりして全然問題無いのですが。

12151_2


◇ビアグラスサニーレタスの状況
12月8日に種を蒔いたのですが、4日ほど経ってもまったく発芽しません
でした。やはり気温が下がっているためです。

夜、部屋にいて暖房を入れているときは、20~21℃なのですが、夜間と
会社へ行っているときは、約14~15℃。発芽温度には少し低いようです。

種の袋に書かれている発芽の温度を調べてみると、適温は20℃。9月のと
きは100%発芽と書いたのですが、やはり寒いと芽が出ません。

結局、日中は家族がいて暖かい1階の居間に移したところ、それから2日目
に発芽しました。

まだまだ寒くなるこれからの季節。どうなっていくことやら。
少し楽しみです。

12152


2012年12月12日 (水)

今回のビアジョッキレタスは失敗でした

今回の新しい試みである「ビアジョッキ水耕レタス」は、失敗でした。

何が失敗かというと、土の代わりに使ったハイドロボールがダメでした。
何となく気がついていたのですが、レタスの座りが悪いのです。

苗のすぐ横の部分を指で押すと、レタスの苗の座りが悪いため、すぐに
横に傾いたり倒れたりするのです。

別に苗を直接押してはいないのですが、横のハイドロボールの上面を押
すと、それぞれの粒が丸いため簡単に移動してしまい、そこに植えられ
ているレタスの苗が動いてしまうのです。

土のように粘性があるものや、同じ粒でも形状が丸くなくてゴツゴツし
たものならば、それ自身が相互にかみ合って動かなくなるので問題ない
のでしょうが。

ハイドロボールは失敗でした。

せっかくある程度までレタスが育ってきたので、どこかで植え替えよう
と考えています。

問題は代わりに何を使うかです。

今さら粘性のある土は使いたくないので、玉砂利の小粒のようなもので
座りの良いものを探してみるつもりです。

12121

12122_2

倒れてしまいます・・・。


2012年12月10日 (月)

小松菜はシャキシャキ食感でグッドでした

ようやく小松菜を収穫し、おひたしにして食べてみました。
シャキシャキした食感がとてもよくて、おいしかったです。

今まで小松菜というものは、まともに食べたことがなかったのですが、
見た目で「あまりおいしいものではないのでは・・。」と思っていました。

しかしそれが先入観であることがわかりました。

今回、自分で作ったものなので、味はともかく・・と言って初めてトライし
てみたのですが、全然くさみもなく甘口醤油ととてもよく合っていました。

ちなみに使った甘口醤油は、地元の「味道楽の里」という醤油で、きりたん
ぽ料理などどんなものにも合う優れもののつゆです。

話が逸れてしまったので、元に戻します。

収穫してからトレーに入れて台所に運び、サッと軽く水洗いだけしてからの
料理です。水耕栽培はもちろん無農薬ですが、風除室で土を使わないで育て
ているので、葉などもほとんど汚れていません。


表面のほこりをさっと水で軽く流す程度でOK。とても簡単です。
こういうところも水耕栽培の良いところですね。

わたしが洗っている小松菜を娘が見て、思わず一言。
「この小松菜、とても新鮮そうできれいだね!」

12101

12102

2012年12月 8日 (土)

ビアジョッキレタスにビアグラスサニーレタス

ビアジョッキ水耕レタスの状況です。第5の葉が出てきました。

12081

・種蒔き       11月11日
・発根        11月12日
・発芽        11月14日
・LED照明開始  11月18日
・第3の葉誕生  11月27日
・第4の葉誕生  12月 1日
・第4の葉5cm   12月 4日
・第5の葉1.5cm  12月 8日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
合計:27日経過
レタスの葉の成長に合わせて、LED照明の高さを調整すべきだった
のですが、忘れていたため葉と照明が接近し、葉の一部が焼けてしま
いました。

12082


ビアジョッキレタスだけでは寂しいので、ダイソーでビアグラスを買
ってサニーレタスの種を蒔きました。グラスはもちろん100円です。

ある程度の大きさに育つまで、ビアグラス内の空間が温室代わりにな
らないかと考えています。つまり上の口からLED照明をかぶせて、
ビアグラス内温室の照明と天井にすればよいと思っています。

12083


小松菜の収穫が伸び伸びになっています。
今日明日にはわずかだけ残して収穫する予定です。

12084

2012年12月 4日 (火)

ミニトマトは順調、ウドンコ病の気配無し!

ビアジョッキレタスは第3の葉が7cm、第4の葉が5cmくらいに
なりました。順調に成長しているようです。

小松菜は、
相変わらずぼうぼう状態で、このままにしておくのもどうかと思って
います。以前記事に書いたように、そろそろ終わりにしようかと。

今週末に80%程度を収穫して、残り20%は再生の状況を様子見し
てみるつもりです。

ミニトマトは、
今年は何も問題ない状態で12月に突入しました。昨年同様寒いのは
変わらないと思うのですが、まだまだ養液が凍りだすまでいきそうな
感じです。

昨年は11月途中よりウドンコ病が蔓延し、結局12月11日に切り
倒して整理をたのでした。(4枚目の一番下の写真です)

今年はまったくその気配がありません。ずい分前に使った薬剤噴霧が
効いているのか、あるいはその原因が今年はないからなのか、まった
くわかりません。

そもそもウドンコ病はどこからくるのでしょうか?
冬の間の課題(調査)ですね。

小ねぎは、
失敗のまき。来春再チャレンジです。


■成長の経過
レタスの種蒔きからの成長経過は次の通りです。

・種蒔き       11月11日
・発根       11月12日
・発芽       11月14日
・LED照明開始  11月18日
・第3の葉誕生  11月27日
・第4の葉誕生  12月 1日
・第4の葉5cm  12月 4日
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
合計:23日経過


■次の計画
今後、どんどん寒くなって氷点下になると、養液が凍ってしまい栽培
継続が困難になってしまいます。

昨年のように、都度玄関に入れたりして面倒見るのは大変なので、
零下に突入したらすぐに止めようと思っています。

それ以降の冬の間が寂しくなるので、ビアジョッキレタスに加えて、
ビアグラスサニーレタスを計画しています。

そのため今日100円ショップで、一番大きなビアグラスを買ってき
ました。それと、LED照明、もう1セット分の部品を。

今週末にその結果を報告します。

12041

12042

12043

                  まだ花が咲が・・・

12044

                  昨年12/11のミニトマト

2012年12月 1日 (土)

水耕レタスとLED照明の電気料金

双葉は2.5cm、第3の葉は5cmとなり、そして第4の葉が
誕生です

LED照明を補助照明として日照時間を長くしているため、
成長はずい分早いように感じます。


■日照時間
日照時間というより外が明るい時間ですが、今の時期は
朝6時半頃に明るくなり、夕方4時過ぎには暗くなってきます。
したがって明るい時間は10時間弱。

夏場に比べると5時間以上も短くなっています。
このことが野菜の成長に大きく影響するのは当然ですね。


■成長の経過
レタスの種蒔きからの成長経過は次の通りです。

・種蒔き       11月11日
・発根       11月12日
・発芽       11月14日
・LED照明開始  11月18日
・第3の葉誕生  11月27日
・第4の葉誕生  12月 1日

       合計 20日経過


■LED照明の電気料金
補助照明としてかなりの時間点灯させていますので、電気料金が
気になるところ。一度計算をしてみることにしました。

超高輝度LEDを20個使っていますが、電流値は合計で約200mA。
電気料金を計算してみると、(電力)=(電圧)×(電流)なので、

電力(W)=5(V)×0.2(A)=1W
1W×24時間×30日=720WH
22円/KWH × 0.72 = 約16円/月

一般家庭の平均電力単価は22円くらいなので、このLED照明の
1ヶ月当たりの電気料金は、約16円ということになります。

パワーサプライで100Vから5Vに変換しており、その変換効率など
のことがありますが、いずれにしろLED照明は電気料金がかなり
安くなりそうですね。

12011

12012

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック