ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

室温と液温のコントロールについて

ビアジョッキ水耕レタスですが、双葉の次の第3の葉が2日ほどで約2cm
伸びました。

このような発芽して間もない段階で、1日1日と目に見えて成長しているの
で、日照時間を長くしていることは、成長促進に効果が出ているように見え
ます。

■環境制御の状況
ところで補助照明の方は、今まで報告してきた通りなのですが、さらに・・
という部分を考えると、室温と水温の管理が必要になると思います。

ちなみに、今朝の室温は15℃でした。

レタスの成長にあった温度を調べてみると、18~23℃くらいとのことで
した。短期間であれば零下3℃の低温域や、30℃を超える高温域でも生育
するとのことでした。

以前トマトで越冬させたときは、最低の環境を維持するとのことで、気温は
10℃以上、液温も18℃以上に保つ必要があったのを覚えています。

レタスも守るべきラインは変わらないようですので、気温は16℃くらいで
液温は18℃を目標に、今後の検討をしていきたいと思っています。

従って室温は、現時点では大きな問題にはなっていないと思いますが、液温
は少し上げた方が良いように思います。

■今後のこと
今後、さらに寒くなっていきますので、まずは液温をこれ以上下げない工夫
が必要のようです。ビアジョッキの周囲を断熱したり、必要あれば加温する
仕組みのことを考えようと思っています。

まずは小さなガラスケースに収めて、LED照明のわずかな熱で気温を少し
だけ上昇させ、同様に液温も少しだけ上昇させられないかどうか、実験して
みようと思います。

11291

                  11月29日

11292

2012年11月27日 (火)

天候不順を補助照明でカバーし成長を維持

ここ最近ずっと天気が悪いため、LED照明を点灯した状態が続いています。

北国の冬は曇りが多いのですが、ここのところ特に天候不順というか、荒れ
模様が続いています。初雪も終わって2~3日に数回は、パラパラとあられ
が降ったりもしています。

そのため日中でも少しうす暗い状態になったりするため、補助照明をOFF
にすることができずにいます。在宅している週末の日中で天気の良い瞬間だ
け、補助照明を切ることができ、それ以外はずっとONにしていました。


■ビアジョッキレタス
おかげで(?)ビアジョッキレタスは、少しずつですが確実に成長していま
す。今回は25日に撮影した写真と、今日27日に撮影した写真を載せます。

その違いがわかるのではないでしょうか。


■小松菜
相変わらずぼうぼう状態です。そろそろ少しだけ残して、あとは収穫してお
ひたしにして食べようかと思っています。

そして、さらに1週間から10日ほど経つと、残したものが更に成長してま
たまた収穫ができるようになる・・という計画です。

振り返ってみると、10月8日に種蒔きをしたのですから、合計で50日程
かかって、今のレベルまで成長したということになります。

早いのか遅いのかはよくわかりませんが、露地ものよりは少し遅いのではな
いかと思います。


■小ねぎ
これは大失敗でした。まったく成長の気配がありません。細いものが十数本
出てからは、小松菜の大規模な拡張に押されて陰に隠れてしまい、成長もス
トップしてしまったように見えます。

これは来年春に新しい種を買って、再チャレンジしようと思います。

1125

                  11月25日 ビアジョッキレタス

11271

                  11月27日 ビアジョッキレタス

11272

                  11月24日 小松菜とレタス(下)


2012年11月24日 (土)

ビアジョッキ水耕レタスに第3の葉が

ビアジョッキ水耕レタスですが、やはり高輝度LED照明を使った方が
成長は早いようです!

昨日は休日だったので、一日中、成長の具合を観察していました。

日中は電気代節約を考えて明るい窓際に置いてLED照明は使わず。
そして、暗くなる4時過ぎよりLED照明を点灯し、今朝までその状態
を維持しておきました。


まだ小さな双葉だけの状態で、少し前に養液を使い始めただけなので、
たった1日の中では変化がわからないだろうと思っていました。

しかし朝に観察し、昼、夜、深夜と観察していたら、明確に一つの変化
を確認することができました。

それは、双葉の間から第3の小さな葉が出てきたことです。
そしてそれが夜までには、ハッキリと目でみてわかるところまで成長し
たことです。

このような小さなときに、1日の中で明確に目で見える変化を見ること
ができたということは、今までのことからいくと、少し成長が早いと感
じました。


ちなみに、種蒔きからの日数は、次の通りでした。

・種蒔き   11月11日
・発根    11月12日
・発芽    11月14日 種の殻が脱ぎ捨てられた
・LED照明  11月18日 使用開始
・今日    11月24日

 合計 13日経過


本格的な植物工場での収穫までの日数目安は、45日だったように思う
ので、どこまでその日数に近づけるのか、確認したいと考えています。

ちなみに風除室で水耕栽培したものは、収穫できるまでは3ヶ月ほどは
かかったかもしれません。

11241

2012年11月22日 (木)

間引きされ1株だけになったビアジョッキレタス

ビアジョッキレタスは寒さに負けず健在で、少しずつ成長してます。
双葉の色も少しずつ濃いグリーンになり、成長が双葉の色でも感じられるように
なりました。

そして蒔いた10粒ほどの種全てが発芽して、ミニ雑木林のようになってきてい
たので、いよいよ間引きして一番姿勢の良い1株だけにしました。

残念ながら気温はコントロールできていないため、日中の室温は13~15℃で、
帰宅後は暖房を入れるため20℃くらいになっています。

そういう中で、ここのところ3日ほどはLED照明をたっぷり照射し、どのくら
い成長速度をアップさせることができるのか(またはできないのか)を、確認し
たいと思っています。

あとそれと、今までは水だけの補充でしたが、いよいよ水肥料を加えた養液を補
充するようにしました。

特に水の入れ換えまではしませんが、養液だけの補充となるため、1週間くらい
でほとんどが入れ替わるのではないかと思います。

■小松菜の状況
写真の通り、ぼうぼう状態です。一葉一葉がずい分大きくなってきたので、あと
少しで収穫できそうな感じです。

まずは50%ほど間引きして、おひたしにして食べてみたいと思っています。
■レタスとサニーレタス
こちらもまだまだ小さいですが、毎週毎週少しずつ成長はしているようです。
普通のレタスよりもサニーレタスの方が成長は早いように感じます。

葉の色も淡い色で、見ての感じはこちらの方が良いですね。

玄関の風除室でこれらの野菜を水耕栽培で作っているので、来るお客さんはみな
野菜をこうやって作れるんですね・・と質問や感想を述べられていくようです。

11221

11222

11223

2012年11月20日 (火)

いよいよ超高輝度LED照明のロングランテスト開始

ようやく超高輝度LED照明が完成。昨夜はテストのみ。
今日からロングランテストを開始。

今朝は、冬型の天気で曇りときどき雨のうす暗い天気であったため、日中
窓の近くにビアジョッキ水耕レタスを置き、その上からLED照明を当て
てロングランテストを実施。

朝、7時から夜帰宅するまでの19時まで、計12時間連続照射しました。


■ロングランテストの結果
やはり、熱ロスの少ないLEDであるものの、12時間の照射により水分は
結構蒸発していました。水位でいうと2mm程度かな?

このことは、周りをガラスなどで囲えば、冬の寒いときなどは周囲の気温を
少しは上昇させることができるということです。

小さく囲った狭い空間では、どれくらいの気温上昇効果が出せるか、別途
確認実験をしてみたいと思います。


■レタスの状況
まだわずかな時間の結果なので、はっきりしたことは言えないのですが、
何となくレタスが元気になったような気がします。

成長がアップしたといえるのかどうかはわかりませんが、
 ・双葉の緑色が鮮やかになった
 ・上空目指してスッと背を伸ばしたようになっている
 ・したがって、急に背が高くなったような感じ

というように見えます。

LEDの光がうす暗い雲越し日光の補助光となって、十分な光量が確保でき
たからなのか、夕方暗くなった以降も明るく照射されて、照射時間が長いた
めなのか、わかりませんが。

希望的観測がもたらした錯覚かも知れませんが、あと2~3日もすればその
違いがはっきりしてくると思います。

 ★今晩はLED照明には、徹夜で頑張ってもらうつもりです!

11201

11202


2012年11月18日 (日)

我が家の植物工場用LED照明を製作

今日、外は荒れた天気だったので、外に出かけるのは止めてLED照明
を作る作業を進めました。


■LED仕様
まずはLEDの仕様を確認しました。

・白色LED
メーカー:㈱イーケイジャパン
品名  :超高輝度LED
型式  :LK-5WH
色   :白
サイズ :φ5(mm)
輝度  :8400mcd
照射角 :30°
定格電流:20mA(最大30mA)

1袋にLED5個と470Ωの抵抗が10個。500円です。
電圧が4.5~9Vの時は、470Ωの抵抗2個を並列接続し、LED
と接続して電流調整をします。

・赤色LED
メーカー:㈱イーケイジャパン
品名  :高輝度LED
型式  :LK-5RD
色   :赤
サイズ :φ5(mm)
輝度  :1560mcd
照射角 :30°
定格電流:20mA(最大50mA)

こちらも1袋にLED5個と470Ωの抵抗が10個。200円です。


■LED動作テスト
まずはLED1個で動作テストをしてみました。
電源は5V。電流制限抵抗は470Ω。

駆動してみると電流は約6mAで、まだまだ定格の30%程度です。
それでも十分に明るいです。やはり超高輝度LEDは、すごいですね。
昔のLEDとは比べ物になりません。

結局、電流制限抵抗は220Ωとし、電流は9.5Aとしました。
まずは少しセーブし余裕をもって駆動し、しばらく様子を見てみようと思
っています。


■完成品
白色LEDが10個、間に赤色LEDを10個織り交ぜて、計20個の
LED照明が完成です。小さいものですがすごくまぶしいです。

現物は写真の通り。これでレタスは反応してくれるかな・・・?

11181

11182

11183

11184

11185

2012年11月17日 (土)

我が家の植物工場の近況

ここのところビアジョッキ水耕レタスの記事ばかりでしたので、その他の
水耕野菜の状況について書きます。


■小松菜と小ねぎ
下の写真の通り、小松菜はアフロヘアーが爆発したような状態です。

ズバリぼうぼうの伸び放題状態で、小ねぎの上空の空間を覆ってしまい、
圧倒してしまっています。

小ねぎは成長も遅いし、小松菜に侵食されて、生き残っているのが精一杯
という状態になっています。どうもこの小ねぎは元気なくて良くないです。

種の素性が悪かったのかもしれません。


■レタスとサニーレタス
はっきり言って、マイペースです。左がレタスで右がサニーレタス。
若干サニーレタスの方が、成長が早いような気がします。

いずれも、さほど成長が早くはないのですが、しかし確実に少しずつ成長
し、大きくなってきています。

日射量と温度をコントロールしていないと、今の時期はこんなものなので
しょう。

ビアジョッキ水耕レタスで、LED照明を使って長時間光を当てた場合の
成長の加速に期待しています。


■ビアジョッキ水耕レタス
現在は寒暖の激しい風除室ではなく屋内で育成しているので、一日一日で
目に見えて変化していっています。

屋内で育てた場合の唯一の欠点は、
あくまでもその植物は明るい方を目指して成長していくということです。

つまり、レタスの芽が窓の方に向かって、横に伸びて成長していくという
ことです。休日に風除室に入れると、正常な状態の真っ直ぐ上を向いた状
態に戻るのですが。

雪が降って気温が零下に突入するまでに、ある程度まで大きくなって欲し
いと思っているのですが。

(でも・・LED照明がうまくいけば、心配はないか・・)
(今週、製作して設置工事をする予定です)

11171

11172

11173


2012年11月15日 (木)

ビアジョッキレタスにLED照明設置しミニ植物工場化

またまたビアジョッキ水耕レタスは成長しました。
毎日見るたびに様子が変わっていきます。

双葉もずい分色づいてきており、見た目はかなりたくましい感じが
出てきました。モヤシならあと少しで食べられそうなところですね。


■LED照明を自作
さて今日は電子パーツショップへ行ってきました。
目的は、ビアジョッキ水耕レタスの深夜用LED照明を作るためです。

高輝度LEDを購入するつもりだったのですが、白色では超高輝度の
ものが出ていました。

どれくらいの明るさになるのかは、まだ計算していないのでわかりま
せんが、とりあえずビアジョッキ水耕レタス1株に、超高輝度LED
20個を設置してみようと思っています。


■部品代(LED)
・超高輝度LED/白色 10個 (約1,000円)
・  高輝度LED/赤色 10個 (約 400円)

電流制限抵抗付で、20個合計金額が1,400円で、とても低コストで
作ることができます。

あと他に必要なものは、パワーサプライ(電源)とフューズ、スイッ
チ、取り付け基板くらいです。

タイマーは以前照明ON/OFFに使っていた遊休品があるので、
それを使うつもりです。

今週末には製作・完成させて、夜間の補助照明に使い、レタスの成長
促進実験を開始する予定です。

11151

11152

2012年11月14日 (水)

うす緑色の双葉が出現、さーこれからだ!

薄茶色の皮を脱ぎ捨てて、本日ようやく双葉が出てきました。

帰宅してすぐにビアジョッキ水耕レタスの状態を観察し、すぐに室温を見て
みると15℃。人間にとっては結構肌寒い温度なので、思わず暖房のスイッ
チを入れてしまいました。

レタスはというと、根がハイドロボールの中の暗闇に伸びていき、茎と双葉
は少し立ち上がって今にも上空に伸びていこうとしているように見えます。

また1つ2つですが、双葉が少しだけ緑色に色づいてきており、いよいよ本
格的な成長の開始を予感させてくれます。

レタスは本当に水分に対する反応が良いですね!

わずかな水分を検出して、すぐに休眠状態から覚めて発芽します。
そして発芽率はなんと100%。

これだけ確実に発芽し、栽培がし易くて鑑賞にも良く、食べておいしい野菜
は他にもありますでしょうか?

11141

2012年11月13日 (火)

ビアジョッキ水耕レタスの成長力

おととい種蒔きをして、昨日発根に気がつき、さあ今日はどんなだろうー
と、少し期待して確認をしてみました。

結果はともかく、この晩秋の季節に、その野菜の成長を期待して覗き込む、
などというものは特別のものがあります。

ビアジョッキに種を蒔き、それをいつも目にすることができる位置に置き、
楽しく鑑賞するというのは一つの贅沢かも知れません。

コストは約150円。ビアジョッキが100円、ハイドロボールが50円。
(1袋100円で半分だけ使ったので)

種はただではありませんが3年前に購入したもので、もう時間が経ったの
で捨てた方がよいかと思っていたものです。なので、カウント無し。

とにかく安く簡単にトライができます。これで収穫して少しでも食べれる
ところまでいけるのなら、最高ですね。

毎日、1枚ずつ葉を収穫してサラダに使ったり、サンドイッチに挟む・・
いいですね!!

■小松菜の状況
ここ最近、レポートしていなかったので、小松菜の状況をアップします。
下の写真の通りです。

伸びすぎたアフロヘアー状態で、間引きしようとしてやってみたのですが、
結構大変なので一掴みほどやって、あきらめました。

収穫したものは、さっと熱湯を通しておひたしにして、甘しょうゆをかけ
て食べてみました。

これといった強い味は無いのですが、シャキシャキした食感がして、気持
ちよく食べることができました。

11131

11132

2012年11月12日 (月)

早い!ビアジョッキ水耕レタスはもう発根

昨日、冬季間観賞用ビアジョッキ水耕レタスの種まきをしたのですが、
本日夜に仕事から帰ってきて覗いてみると、もうすでに芽というか根が
出始めていました。

購入して3年目の種なのですが、異様に元気です。

10月に蒔いたときには、3日目に発芽しているのに気がついたのです
が、実はもっと早く発芽していたのかも知れません。

こういうふうに、何かアクションをしてすぐに反応が見えるのは楽しいも
のですね!

11121

 

2012年11月11日 (日)

冬季間観賞用、ビアジョッキ水耕栽培レタス

冬季間の鑑賞用水耕野菜として、ビアジョッキレタスをやってみることに
しました。

これから冬に向かい気温低下していきますので、現在栽培している玄関前
風除室での育成は、かなり厳しくなっていきます。

厳冬期では零度以下になってしまい、そのままにしておくと凍ってしまい、
アウトです。

昨年、一昨年は、水耕野菜の越冬実験をするため、零下になるときは屋内
に退避させて、栽培を継続させていました。

しかし今年は繰り返し越冬実験をしようとは考えていないため、風除室で
の水耕野菜は、いずれ育成終了させるつもりです。


■新しいトライ
このままだと冬の間寂しいので、何か楽しいトライはないものかと、ここ
最近考えていました。

そして昨日、ウォーキングのときに着ける手袋を買おうと、ダイソーへ行
きました。そして何気なくガーデニングのコーナーへ行ったら、1袋だけ
のこったハイドロボールが目につきました。

それを見た瞬間、1つのアイデアが浮かんだのです。
・ガラス容器に入れて養液を補充し、レタスを植えよう・・と
・ビアジョッキを使えば、見たい場所、夜暖かい場所などへの移動は簡単


■早速、種蒔き
ということで、すぐに100円のビアジョッキを一緒に購入し、早速種蒔
きをしました。発芽が待ち遠しいです。

今年秋のトライのときは、約3日で発芽していました。
今は大分寒くなったので、屋内の暖かいところに置いて、発芽させるつも
りです。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2012年11月 8日 (木)

レタスの成長速度について

9月28日にレタスの種を蒔いて以来、毎日少しずつ成長を続けていますが、
今日その成長の度合いを苗の高さで確認してみました。

結果は次の通り。

・ 9月28日: 種蒔き
・10月 8日: 5cm(苗高さ)
・10月17日: 6cm
・10月24日: 8cm
・10月31日:10cm

寒くなって成長速度がずいぶん落ちたように感じていたのですが、この数字
を見る限りにおいては、それほど成長速度は落ちていないように見えます。

しかし、環境を整えている植物工場では、45日でリーフレタスを収穫する
とのことなので、それと比べるとものすごく遅い成長だと感じます。

あえて数字で書くならば、植物工場での速度に対し、1/4~1/5の速度
ではないかと思います。

ですから、日照時間を植物工場のように長時間となるよう、照明を当て続け
る必要があります。

なかなかそこまでは、難しいですね。

成長速度を考慮し、食べたい時期を考慮して、種蒔きのタイミングを決め、
適切な時期に育てるのがベストでしょうね。

1008

                  10月8日

1017

                  10月17日                  

1024

                  10月24日

1031

                  10月31日

1107

                  11月7日

2012年11月 4日 (日)

アフロヘアーの毛がまた伸びた

アフロヘアーの毛がまた伸びました。

こんなに寒くなってもまだまだ成長力が旺盛なので、毎日見ていても
その成長の変化が見えます。

早朝、養液を補充するときにその様子を観察し、写真を撮って成長を
記録しています。

■小松菜と小ねぎの成長具合
そのときに少しでも成長の気配を感じられるとうれしいものですが、
小松菜はまさにその通りです。毎日3mmくらいずつ伸びているよう
に思います。

一方、小ねぎの方は、あまりうれしくない状態です。
つまり、毎日見ていて、とても日に日に・・という状態ではないから
です。やはり気温の影響がモロに出ているような気がします。

■野菜の越冬について
昨年のレタスもそうでしたが、冬に向かって寒くなっていくと、徐々
に成長が止まってしまいます。

野菜にもよると思うのですが、ここ秋田では11月一杯で成長が停滞
状態に近くなってきます。

そしてそのあとは、その状態がただ長く続くだけなので、枯れさせな
いよう少しだけ養液を補充します。そして凍らないように適切な場所
において置くことになります。

レタスなど寒冷期の野菜は、水を切らさず凍らさないようにしている
と、成長はしませんが越冬させることはできます。

そして2月中旬くらいより、成長を再開していくというパターンにな
ります。

■越冬させるメリット
以上のようにやると越冬をさせることができ、2月に入ったらその時
の状態から成長を再開させることができます。

しかし、レタスなどは種が安価で、1袋にすごい量が入っているので、
労力をかけて越冬させるメリットがあまりないように思います。

要は1月中旬くらいに、どうにかして新たな発芽をさせることができ
れば、新鮮な状態よりスタートさせることができますので。

というか、無理して早い時期より成長をさせる必要はないですね。
販売用ならば、他社より早いタイミングで市場投入ができるなら、大
きなメリットにできるのですが・・、わたしは趣味で作っているので。

11041031

                                        10月31日

11041102

                  11月2日

11041104

                  11月4日


« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック