ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 小松菜はモッコリで小ねぎはチョロリ | トップページ | 水耕栽培をトライした小松菜の状況 »

2012年10月21日 (日)

今回の水苔発生防止対策は失敗

だんだん寒くなってきましたが、レタスは順調に育っています。
しかし、今回計画した水苔の発生防止対策は、うまくいっていません。


前回のやり方:
前回、バーミキュライトを節約して薄く敷き詰めました。

その際、養液の補充間隔をできるだけ長くしようとして、多めに補充
すると、常にバーミキュライトの上面まで液面がきていました。

そのためいつも上面は濡れた状態となり、晴れの日が続いて日光が長
く当たると、すぐに緑色の水苔が発生していました。

そしてその状態が長く続くと、水苔は活発に成長というか反応してい
るというか、小さな気泡が発生してきて悪臭がし始めます。
(メタンガスが発生?)


今回の対策:
今回それを防ごうとして、バーミキュライトを分厚く敷き詰め、養液
は層の途中までとし、上面に近い部分は乾燥した状態にしようと目論
んだのですが、うまくいきませんでした。

実際にやってみると、ある程度の養液を補充すると、簡単に上面まで
染みてしまい、結局上面は湿った状態になってしまいました。

そして何日か経つと、結局は表面に水苔が発生しました。
なかなか考えていた通りにはいかないものです。


バーミキュライトの性質:
バーミキュライトは、微細な穴がいっぱいあいたような構造となって
いるため、毛細管現象ですぐに水分を吸い上げて、反対側へ流し込ん
でしまうのです。

結局、水苔の発生を防止するには、次の3つしかなさそうです。

1)光を遮断する。

2)液面をバーミキュライトより下でコントロールする。
   最初のころの根が短いときは、成長させるためにバーミキュラ
   イトを湿らせる程度にするが、一旦根が長く成長したら液面を
   低いレベルでコントロール。バーミキュライトは湿らせない。

3)バーミキュライトは使用せず、水苔のできない材質を使う。

作戦の組み直しです!

Photo

10211


« 小松菜はモッコリで小ねぎはチョロリ | トップページ | 水耕栽培をトライした小松菜の状況 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/55941359

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の水苔発生防止対策は失敗:

« 小松菜はモッコリで小ねぎはチョロリ | トップページ | 水耕栽培をトライした小松菜の状況 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック