ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 植物工場での水耕栽培の実際 | トップページ | きゅうりの収穫が忙しくなってきました »

2012年7月24日 (火)

レタスの成長点をカットして挿し木にトライ

最近、レタスの茎がまるで木のように上に長く伸びてきていたのです。

写真を見ていただけるとわかると思いますが、棚の下段から上段のはるか上まで
長々と伸びて、バランスを崩してふらふらと横に倒れこむようになっていたから
です。

それで今回、レタス栽培を終息させる決意をしました。


■野菜の再生力確認テストを計画
ただカットして捨ててしまうのは簡単なのですが、実は昨年からの懸案課題が残
っていたため、それを確認することにしました。

それは何かというと、
 1)レタスの付け根でカットして、そこから新たな芽(成長点)が出るか
 2)本体先端部の成長点を挿し木にして、新たな根が出るか

という2つの課題を再確認しようと思っていたからです。

たまたまトライした1回目は、課題1はNGでした。
ずい分長く死ななかったのですが、最終的には枯れてしまいました。

季節は今成長まっさかりの夏ですが、恐らく結果は同じだと推定しています。


■再生の可能性は・・
そして課題2ですが、これはうまくいくと思っています。
先月下旬にサニーレタスの1株だけ先行トライしたのですが、それにはわずかで
すが根が再生してきていました。(4~5本ほど)

要した期間は約1ヶ月くらいです。6月22日~7月21日。

今回そのNO2~4まで、残りの3株(サニーレタス)およびレタス4株につい
て、同じことを行いました。

レタスを水耕栽培した場合、露地ものとは異なりなかなかきれいに玉状にはなり
ません。左右にところ狭しと葉を広げます。食べる分にはそれも都合が良いので
すが、

そしてある時期を越えると、茎が出てきてどんどん上に伸びだします。
こうなるとなかなか手に負えなくなります。

それで今回のように先端の成長点をカットして挿し木を行い、そこからまた育成
の再スタートができたら良いなと考えているのです。

後日また、途中報告をしたいと思います。

07211

07212

07213

07214

07215

07216

« 植物工場での水耕栽培の実際 | トップページ | きゅうりの収穫が忙しくなってきました »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/55271514

この記事へのトラックバック一覧です: レタスの成長点をカットして挿し木にトライ:

« 植物工場での水耕栽培の実際 | トップページ | きゅうりの収穫が忙しくなってきました »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック