ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« レタスの成長点をカットして挿し木にトライ | トップページ | ミニトマトもようやく実がついて成長を開始 »

2012年7月28日 (土)

きゅうりの収穫が忙しくなってきました

ここ最近気温がずい分上昇。
それに対応するかのように培養液の吸収量が増えてきました。

きゅうりは毎日1.5リットル/株。
ミニトマトは0.3リットルが急に倍の0.6リットル/株に。

あとで考え直してみると、培養液の吸収量は気温=天気に大きく関係している
のですが、もう一つ大きな要因があるとわかりました。

それは何かというと、結実です。

きゅうりの実ができて大きく成長し始めてから、吸収量が増えてきました。
また今回のミニトマトもそうです。

小さな実をつけて成長を始めてから、吸収量が少しずつ増えてきたのです。

以上のことから、培養液の吸収量=補給量を見ていると、成長の度合いやレベル
がわかると感じています。


■きゅうりの収穫
培養液の補給量がぐんぐん増えてきたのですが、当然並行して実が大きく成長
してきています。

写真のように1株から週に2~3本のきゅうりを収穫しています。
そして次から次へと新たな実が膨らんできています。

またあちこちから脇芽も出てきており、左右へ、あるいはさらに上へと伸びて
行っています。

上は天井なので特に蔓が巻き付ける足がかりがなく、伸ばしたままにしておく
と、いずれはブランと垂れ下がることになるので、今は全て成長点をカットし
ています。

2本のきゅうりだけで、風除室の西側は全てその葉でさえぎられています。
西日が入らないので、本当にちょうど良い感じになっています。

07281

07282

07283

07284


« レタスの成長点をカットして挿し木にトライ | トップページ | ミニトマトもようやく実がついて成長を開始 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/55298360

この記事へのトラックバック一覧です: きゅうりの収穫が忙しくなってきました:

« レタスの成長点をカットして挿し木にトライ | トップページ | ミニトマトもようやく実がついて成長を開始 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック