ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 水耕栽培きゅうりとミニトマトの状況 | トップページ | レタスの成長点をカットして挿し木にトライ »

2012年7月21日 (土)

植物工場での水耕栽培の実際

植物工場の栽培の実際について、お話しを聞くチャンスがありましたので、
その内容についてご紹介します。

Photo_2

■1:栽培のスタート
植物工場での生産では、まずは育苗をして定植用の苗を準備します。

 種を播いてから苗になるまで、植物が小さいにもかかわらず時間がかかる
 ので、育苗箱や育苗棚を使い別に育てる方が有利のようです。

■2:育苗
育苗は、まずプラスチック製の浅い箱に、穴がきざまれたウレタンの小片か
らなるウレタンマットを敷き詰めます。

 この場合、育苗箱に水を張っておき、十分に水の染み込んだマットを使い
 ます。

■3:播種
ウレタンの穴に1粒1粒播種します。

 深すぎず浅すぎずとならないよう注意します。
 ミツバなど小型の葉菜類の場合は、マット全面に均一に播種して間引くと
 きもあります。
 播種後は表面が乾かないように、ときどき散水します。

■4:発芽後
発芽後は育苗室に移して1週間程度、育苗を行います。

 育苗と生育で一番異なる環境条件は光環境です。

 育苗機は植物がゆっくり育つので、あまり強い光は必要ありません。
 生育期に必要な強さの半分程度でも構いません。

 光源に蛍光灯使うとすると、これによって光源と植物との距離を数cm
 ぐらいまで近づけることができます。

 一方、レタスの場合のように生育に150μmol/m2Sの光が必要だとすると、
 葉焼けを起こさないために、光源と葉の上端の距離を20cm は離す必要があ
 ります。

 高圧ナトリウムランプのように熱放射が高い光源を使う場合には、80cm
 程度の距離が必要。

■5:移植
双葉が展開し、根がウレタンの下を突き抜け、本葉が1枚展開してきたら、
小片ごとに分割した苗を生育用のパネルに差し込みます。

 ここからは生育室で収穫できるまで育てることになります。
 また、水ではなく培養液を使うようにしていきます。

■6:スペーシング
定植したあとで、株間が込み合って来たら、スペーシングを行って株間を広
げるためにさらに植え替えます。

■7:育成
生育室で順調に育てていくわけですが、標準的には播種後40日程度、定植
後は作物や環境条件にもよりますが、3~4週間くらいかかります。

■8:収穫
収穫はウレタン小片をつけたまま1株ずつ手で引き抜くことによって、簡単
に作業できます。

以上が、植物工場による実際の栽培の流れでした。

■感想
わたしの場合など、個人レベルでの取り組みでは、おそらく育苗室のような
設備や場所を持っていないので、最初から最後まで育成室(室もなくて場所
かも?)で育てることになります。

この場合は育成環境が大きく異なるため、収穫までの期間は植物工場の45日
に対し、その倍の期間がかかるように思います。

水耕栽培の場合、その育成環境をどう整えるかで、育成期間が大きく変わる
ということです。

しかし営利目的での植物工場に対して、収穫のみならず育成時の成長を眺め
て癒しを感じる個人レベルの栽培では、”期間が延びることも良し”となる
のではないでしょうか。

Photo


« 水耕栽培きゅうりとミニトマトの状況 | トップページ | レタスの成長点をカットして挿し木にトライ »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/55243422

この記事へのトラックバック一覧です: 植物工場での水耕栽培の実際:

« 水耕栽培きゅうりとミニトマトの状況 | トップページ | レタスの成長点をカットして挿し木にトライ »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック