ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 家庭ミニ植物工場でのレタスの成長度 | トップページ | 水耕栽培のいろいろな方式 »

2012年6月 8日 (金)

TDKの閉鎖工場を活用、植物工場で再生?

昨日の秋田魁新聞に、少し明るいニュースが載っていました。

というのは、ここ数年来日本の製造業の中国展開がどんどん進んでおり、雇用流出
の話題に事欠かない今日この頃。

ところがこのニュースは、残った閉鎖予定の工場を活用して植物工場を作るという
ニュースだったからです。

Tdk

■クリーンルームの再利用
ハイテク工場のクリーンルームは環境制御機能がすでにできているので、中に栽培
装置を設置すればすぐにでも生産をスタートすることができます。

従来の建物や設備をフル活用して、限りなく少ない投資で植物工場を造りだすこと
ができ、本来発生する損失をできるだけ押さえるとともに、新たなメリットを生み
出すことができるかも知れません。

■県からの支援
また、地元に新しい雇用を創出することができそうなため、県が設置を支援する方針
を決めたとのことでした。

TDK、横手精工、フィデア総合研究所秋田本部などの企業連合体(コンソーシアム)
が運営主体となって、通年で野菜を栽培するための実証事業を行うという予定のよう
です。

県が6月県議会に提出する本年度一般会計補正予算案に、工場改修などの事業費
約1億円のうち3千万円を計上すると書かれていました。

植物工場は雇用確保策の一環として、もともと県が主導して検討してきていたよう
です。

■植物工場の構想
計画では、TDKが精密機器製造に使っていたクリーンルームを栽培室として使用
し、栽培棚を積み上げ、人工光を当てて水耕栽培を行います。

作目は高糖度のトマト、低カリウムのホウレンソウなどを想定しているようです。

田舎の秋田でもいよいよ農業関係者が、背広を着て植物工場に働きに行く・・という
写真が見られるかも知れませんね。

依頼があればですが、我が家の全手動&自然制御型のミニ植物工場もどきの技術を、
供出する準備があるのですが・・・。

« 家庭ミニ植物工場でのレタスの成長度 | トップページ | 水耕栽培のいろいろな方式 »

水耕栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/54913916

この記事へのトラックバック一覧です: TDKの閉鎖工場を活用、植物工場で再生?:

« 家庭ミニ植物工場でのレタスの成長度 | トップページ | 水耕栽培のいろいろな方式 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック