ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 水耕栽培のいろいろな方式 | トップページ | 植物工場の新しいビジネス「市民農園」 »

2012年6月12日 (火)

南相馬:ソーラー植物工場建設へ/元東電執行役員の会社

今日のテレビのニュースで南相馬市で、ソーラー社が復興支援の目的で植物工場
を作るニュースが放映されていました。

植物工場というキーワードに興味がわいたため、あとでネットで調べてみました。
すると次のようなニュースが載せられていました。

■記事本文:
---------------------------------------------------------------
「脱原発」を掲げる福島県南相馬市で、太陽光発電所と植物工場を併設する体験
学習施設「南相馬ソーラー・アグリパーク」が建てられる。

太陽光発電所の建設を担う「福島復興ソーラー」(本社・東京)の社長は、同市出身
で元東電執行役員の半谷栄寿さん(59)。

半谷さんは原発事故について「東電の一員だった者として心から申し訳ない。
地元出身者として少しでも貢献したい」と話している。

建設予定地は津波で被災した農地約1.5ヘクタール。
ソーラー社が約2億円を投じ、約170世帯分を賄う500キロワットの発電所を整え
る。

植物工場は市が約1億円かけて建設し、農業者に無償貸与する。
工場で使う電力はソーラー社が割安で供給し、野菜などの販売先確保も支援す
る。来年4月の稼働を目指している。

半谷さんは警戒区域(原発から20キロ圏)だった旧小高町出身。
東電では原発立地県・福島の振興策としてサッカー施設Jヴィレッジ推進などに
携わった。10年に退職し、昨年9月に地元貢献を目指しソーラー社を設立した。


施設での体験学習は同社が設けた「体験交流の会」が担い、エネルギーについ
て学んだり、農作業を通じて「生きる力」を育てる。企業などの寄付で運営し、子
ども職業体験施設「キッザニア東京」などを運営する「KCJ GROUP」がノウハウ
を提供。

全国の子どもたちの交流も計画している。

半谷さんは半世紀前の小学生時代、小高町長だった祖父と福島第1原発の建設
現場を訪れたことがある。

「この発電所で日本を支えるエネルギーが作られるんだ、と思った」
と振り返り
「最終目標は福島に対する信頼回復。顔の見える交流で風評被害を払拭したい」
と強調した。
---------------------------------------------------------------

また、支援事業の関係で植物工場の管理運営者が募集されていました。
その内容は次の通りでした。

---------------------------------------------------------------
■被災地域農業復興総合支援事業「植物工場管理運営者」募集について


市では甚大な被害を受けた農業の復興、担い手の育成確保のため、国の
「被災地域農業復興総合支援事業」を活用し、被災した農業者へ植物工場施設等
の貸与を計画しています。

つきましては、「平成24年度南相馬市植物工場管理運営者」の募集をいたします
ので、要望のある方は別紙の申込書へ記入のうえ提出くださるようお願いいたしま
す。

※今回の募集は平成24年度事業です。平成25・26年度事業については、今後再度
  要望調査等させていただきます。

             記

1 南相馬市植物工場推進事業概要 (PDF:1,636KB)

2 募集期間 平成24年6月1日(金)から平成24年6月15日(金)まで
         (土日祝日を除く) 午前9時から午後5時

3 募集要領 (PDF:115KB)

4 H24南相馬市植物工場管理運営者申込書 (Word:32KB)

5 H24南相馬市植物工場推進スケジュール (PDF:148KB)

問い合わせ:経済部農林放射線対策課再生係
      〒975-8686 
      南相馬市原町区本町二丁目27
      南相馬市役所西庁舎2階
      電話: 0244-24-5299
       FAX:0244-23-7420
     E-mail:norinhoshataisaku@city.minamisoma.lg.jp
---------------------------------------------------------------

最近は「植物工場」「水耕栽培」といったキーワードが頻繁に見られるようになり、
それらにとても興味のあるわたしとしては、少し嬉しい気持ちになっています。

もっともっと水耕栽培や植物工場が発展して、日本農業の将来が夢のもてるもの
となるよう期待をしています。


« 水耕栽培のいろいろな方式 | トップページ | 植物工場の新しいビジネス「市民農園」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/54946113

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬:ソーラー植物工場建設へ/元東電執行役員の会社:

« 水耕栽培のいろいろな方式 | トップページ | 植物工場の新しいビジネス「市民農園」 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック