ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 再生実験のため水耕栽培レタスの茎をカット | トップページ | 植物の成長と光の関係について »

2012年3月25日 (日)

植物の光合成と成長

植物は「光合成」の作用によって成長します。
光合成とは、光と二酸化炭素、根から吸い上げた水分から、葉の中に炭水
化物を作る働きです。

葉の中の葉緑素(クロロフィル)が中心に働いて作られ、できた炭水化物
は葉から他の器官に移動(転流)し、根から吸収した養分と共にタンパク
質や核酸合成の原料となります。

これが「生合成」と呼ばれます。

光合成、転流、生合成の作用を通して、植物体が作られていきます。
これに必要なエネルギーは、呼吸によって炭水化物を酸化することにより、
得られています。

■2つの成長タイプ
光合成により葉や茎や根、果実などの諸器官が相対的に大きくなっていく
現象が「栄養成長」と呼ばれます。

一方、花芽を形成したり、種子や果実を生ずる成長を「生殖成長」と呼び
ます。

トマトやイチゴなどの果菜類は、これら2種類の成長を考慮していく必要
があります。

しかし、もっぱら葉菜類を作っている完全制御型植物工場では、栄養成長
だけを考えれば良いことになります。

植物の成長を重さで測定すると、重量は時間的にしばらくは指数関数的に
増えていきます。しかし動物でも同じですが、成長はいずれ飽和していき
ます。

完全制御型植物工場で問題にするのは、この飽和する前のブラックマンの
領域です。つまり人間の場合でいうと、思春期までとなります。

植物工場では生育にいろいろなコストをかけているので、一番効率的に
生長する期間を対象にするからです。

■我が家の水耕レタス
先週、茎の付け根からカットしたレタスですが、まだ変化が見られません。
徐々に枯れていくことも、新たに新芽が出てくるような気配も、現時点は
まったくありません。

写真のように時折り冬に舞い戻り、雪が降ったりして寒いからかな?


03251

03252

03253


« 再生実験のため水耕栽培レタスの茎をカット | トップページ | 植物の成長と光の関係について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/54305961

この記事へのトラックバック一覧です: 植物の光合成と成長:

« 再生実験のため水耕栽培レタスの茎をカット | トップページ | 植物の成長と光の関係について »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック