ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 植物工場における環境制御について | トップページ | 水耕レタスに春到来のきざし »

2012年2月22日 (水)

今シーズンの我が家の植物工場(案)

今シーズンの我が家の植物工場は、どのようなトライをしようかと、
現在そのコンセプトを考えています。

まだ最終決定ではありませんが、具体的には次のような取り組みをして
いきたいなと考えています。

栽培方式: 水耕栽培
照 明  : 自然光+人工光の併用型
        (早い話が昼は通常通り太陽光で、夜は人工照明をON)

人工照明: 高輝度LEDを使用して自作する
水 槽  : 光を透過しないコンテナ(LED照明が設置された蓋付)
        (藻の発生を防ぐため)

栽培部 : コンテナ内に養液を入れ、栽培部を浮かべる方式
        (養液の補充が1週間に1度程度で良くなるため)
       ⇒栽培部は発泡スチロールに四角い窓を開け、そこにスポンジ
         培地を嵌め込み、浮かべる

       ⇒藻の発生を防ぐため、上に顔を出す部分はスポンジ培地の
         上部(4cm角)のみ

溶存酸素: 金魚用のプクプク(エアーポンプ)を使用。水槽内に設置する

水槽温度: 特にコントロールはしない

◆イメージ図
栽培槽をイメージ図で示すと、次のようになります。

S_2

以上の内容でレタスを栽培する予定です。

それから、自然光だけで通常のレタスも作り、その成長ぶりと収穫までの
期間を比較してみようと思っています。

◆想定される問題点:
 玄関の風除室内で実験をしているため、100Vの電源がないこと。
 そこに電源を用意するか、2階の自分の部屋の窓側でやるのか、迷って
 います。

« 植物工場における環境制御について | トップページ | 水耕レタスに春到来のきざし »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/54050220

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの我が家の植物工場(案):

« 植物工場における環境制御について | トップページ | 水耕レタスに春到来のきざし »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック