ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 植物工場LED照明、植物の成長に適した光は | トップページ | 植物工場における環境制御について »

2012年2月15日 (水)

我が家の水耕野菜の現状とこれから

昨シーズンはレタスを年越しさせましたが、今シーズンもレタス
ほうれん草は、下記写真の通りまだまだ健在です。

レタスは冬の野菜価格高騰のあおりを受け、あたかもさばかれる前の
鶏が羽根をむしられたごとく、ハダカの状態になっています。

残すのはてっぺんの小さい葉数枚のみ。

■栽培の継続について
年越しのトライは昨年やったので、今年は特にやる必要はなかったの
ですが、途中、あることを思いついたため継続して栽培をしています。

栽培しているといってもほとんど冬眠状態なので、養液の補給も必要
ないに近い状況です。ただ寒い夜に氷らないようにしているだけの
状態です。

■思いついたこと
その思いついたことは何かというと、
1)根と茎を残しておくと、春先にスタートが早い(種から始めるより)
2)茎を下から数cmだけ残して上をカットした場合、根が残っていれば
  新たな新葉が出てくる可能性がある。

昨年は茎がひょろ長くなり、その上部の成長点より新葉が出てきて成長
したため、横に倒れて元気がなくなっていきました。そして急激に成長
が止まったという経緯があります。

■茎をカットし再スタート
そのため今年は茎が長いままで再スタートはさせず、一旦上部の茎を
カットして新葉が出たら、そのまま継続して栽培を続けようと思って
います。

そのためには春先に気候が暖かくなり始め、明らかに成長を再開し始め
そうな頃に、茎をカットしようと考えています。

はたしてうまくいくかどうか・・・?

02111

02112

02113
 

« 植物工場LED照明、植物の成長に適した光は | トップページ | 植物工場における環境制御について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/53991932

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の水耕野菜の現状とこれから :

« 植物工場LED照明、植物の成長に適した光は | トップページ | 植物工場における環境制御について »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック