ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 今朝もパンにレタスとハム、スクランブルエッグ | トップページ | 水耕野菜、いまだ栽培中です »

2011年12月24日 (土)

水耕栽培に冬到来。毎日零下の中で・・

ここ最近は連日零下。野菜の見た感じは冬眠状態です。
目で見て成長があまり感じられません。

10日前後までは目で見てわかるくらいの成長があったのですが、それ以降は
雪が積もり気温が低下したため、成長が止まったように感じられます。

いろいろと野菜の生育情報を調べてみると、種類にもよりますが5~8℃が
どうも限界温度のようです。

■高温性の野菜
 ・暑さに強く、春から秋にかけて栽培するもの
 ・ウリ類、ナス類、豆類などの果実を収穫するもの
 ・さつまいもやさといもなどの塊根類や中国野菜など
 夏野菜と言われる。

■低温性の野菜
 ・涼しい気候に適す
 ・葉や根を収穫するもの
 春と秋に栽培される。

■耐寒性の野菜
 ・低温性野菜の中で特に寒さに強いもの
 ・ネギ類、ホウレンソウ、ツケナ類など
 秋蒔きして越冬させ、冬から春に収穫するものがある。

 野菜を大きく成長させるには先に根を成長させなければなりませんが、水耕
 栽培 での液温が低くなりすぎると、成長が止まってしまうようです。

■養液の温度
 果菜類では15℃以上、
 葉・根菜類では5℃以上が必要なようです。

以前、トマトの水耕栽培をやったときは、金魚の水槽温度を保つためのヒーター
を使い、液温を18℃にさせて越冬をさせたことがありました。

今回、そこまでお金を掛けてレタスを冬の間も成長させて収穫しようかどうか、
思案中です。

12241

12242

12243

12244

12245
 

« 今朝もパンにレタスとハム、スクランブルエッグ | トップページ | 水耕野菜、いまだ栽培中です »

コメント

いつも見ています。
来年も楽しみにしています!

管理人のベジ太郎です。
いつも見ていただき、ありがとうございます。
あと1時間ほどで来年ですが、来年はもっといろいろと勉強し、アイデアを出して皆様の参考になるよう取り組んでいきたいと思っています。これからもどうぞよろしく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/53557853

この記事へのトラックバック一覧です: 水耕栽培に冬到来。毎日零下の中で・・:

« 今朝もパンにレタスとハム、スクランブルエッグ | トップページ | 水耕野菜、いまだ栽培中です »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック