ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

キュウリ、ナスの病害虫の状況

病気の状況は少し良くなりましたが、まだ根治していません。

■葉ダニ
前に報告した葉ダニ?は毎日の水噴霧でほとんど活動が見られなくなり
ました。

たまたま葉ダニやアブラムシは、高温で乾燥しているところでの発生が
多いと書かれている記事を見たため、霧吹きで散布を繰り返した所、急
速に数が減っていきました。

水滴をまとうことで呼吸が阻害されるためではないかと思います。
牛乳が良いとか書かれていましたが、水で良いならあとで回りが汚れな
くて簡単です。

買ってきた薬剤はまったく効果なかったので、継続使用していません。


■病気
現在の問題は、「黒カビ病」です。
ネットでいろいろと調べたのですが、該当する病気がみつからなかった
ため自分で仮に命名しました。

葉の上に除々に広がって行ってます。下方から上方へ。

毎日霧吹きの散布で洗い流されて減るのですが、少し放っておくとまた
すぐに復活します。

また、水の散布をして少しすると、水滴が下に落ちるのですが、その中
に流された黒カビが入っていて、水が蒸発して乾燥すると、そこには黒
いものが粉状になって残ります。

繰り返すと付近が黒っぽく汚れてきます。

本当は何か別の薬剤で消毒し、根本的に病気を抑えてやる必要があるの
だと思います。

08281

08282

08283

08285
 
08284

2011年8月23日 (火)

とほほー!病害虫が発生してしまいました

順調に育っていたと思っていたキュウリとナスが、どうも病害虫に取り付
かれているようなのです。今日はそのことについて書きます。

異常発見:
まず最初に異変に気が付いたのは、キュウリからです。

随分前から葉の上にごく小さな粉みたいなものが載っているのに気づき
ました。

そしてそのままにしていたら、日が経つにつれてどんどん数が増えてき
ました。

最初はわずかだったので、キュウリの葉は成長するとこんなふうになる
のか、というふうに思っていたのですが、やはりそうではありませんで
した。

よくよく見ると:
ある日、よくよく近くから見てみると、どうも白い粉のようなものには
2種類あって、ひとつは細い白い糸が短く切ったようなもの(太さは1
mmもなく長さも1mm弱)で、もう一つは同じような大きさですが形
はゴマ粒のような感じのものです。

そして更にじっと見てみると、それは少ーしずつ動いているのです。

ここでようやくそれはキュウリの自然なものではなく、病害虫だという
ことがわかりました。

わずかに動いている片方は、恐らくアブラムシか葉ダニだと思います。
長い戦いがここから始まりました。

ショック大です:
まあ、勉強のために栽培実験をしていることですので、今後しばらくは
参考ということで、反省をしながら病害虫の対策の状況などについて書
いていきたいと思います。

あーそれにしても病気を警戒したので、風除室で雨に当てないで育て
たのに・・・。生き物を育てるというのは本当にむずかしいですね!
 
08231

08232

08234

08235
 


2011年8月16日 (火)

3、4番目のキュウリを収穫。食べたらやはり瑞々しかった

3番に続き4番目のキュウリ
-------------------------------
3番目のキュウリを見つけ収穫しようとした時、反対側上方のエリアの葉の
陰に4番目を見つけました。

なぜこんなものを見つけられなかったのか、と思うほど大きく成長していま
した。スーパーで売られているものの、2倍以上の体積がありそうです。

発見が遅れたため、蔓をずいぶん下方に引き下げて負担を掛けながら大きく
成長し続けたものと思われます。

毎度同じですが洗って冷蔵庫で冷やした後、モロキューにして味噌をつけて
食べました。結構熟してから収穫しているので、味がさわやかな甘いような
香りのする、まさにこれが鮮度100%の完熟キュウリという味でした。

自分で成長を観察しながら、一番良いタイミングにおいしく食べれるという
のは、正に育成者の冥利に尽きる部分でしょう。


ようやく色づき始めたミニトマト
-----------------------------------
本体がどんどん上方目指して成長を続け、いたるところに花を咲かせて実を
つけたものの、成長の方はなかなかはかばかしくありませんでした。

風除室の天井にぶつかるところまで延びたため(2.8m)、最近はほとん
どの新芽、脇芽を摘み取っていました。

本体が成長を制限され始めたためか、ようやくついた実が緑からうっすらと
オレンジ色に変わり始めてきています。


バカでかい葉をつけているナス
----------------------------------
ここ最近成長が著しく、本体もずいぶん大きくなりました。そして葉がバカ
でかいと形容されるほど大きな葉を、たくさんつけています。

また、あちこちで紫色の花を咲かせ始めました。残念ながらまだ実がついた
のは確認できておりません。

このナスはかなり奥手の、晩成するナスのようです。

★4枚目の写真は、キュウリの苗の付け根の部分です。バーミキュライトに
  白い根がびっしり伸びています。

08151

08152

08153

08154


2011年8月13日 (土)

2番手のキュウリ食べました。そして3番手が・・・

8月8日の記事に書いた2番手のキュウリも収穫し、稲庭うどんざるのだし汁に
入れて食べました。やはりとても瑞々しくておいしかったです。

これが「キュウリの味だっ!」という懐かしい味がしました。
写真は次の投稿の際、アップしたいと思います。
(そのときの写真を家に忘れてきました。今、カミさんの実家なので)

そして3番手のキュウリが育ってきているのを見つけました。
これもあと2~3日で収穫できそうです。

ミニトマトも少しずつ少しずつ成長しています。キュウリに比べると本体の成長
はすごいのですが、実の方は少し遅めのように思います。

風除室の西側は、ジャングルのように葉が密集しており、西日を随分カットして
くれて、省エネでも効果がありそうです。

08131

08132

08133

08134
 


2011年8月 8日 (月)

初キュウリ、とてもみずみずしくておいしかった!

収穫した初キュウリを昨日食べました。
収穫後、あまり時間をおかず食べたせいか(洗ってすこしだけ冷蔵庫に入れ冷やした)
ともてみずみずしくておいしかったです。

先に宣言していたように、縦長に短冊に切ったきゅうりにみそを付け、モロキューとして
食べました。子ども達もお父さんが変なやり方で作った初キュウリとあって、みんなが
手を出して食べ、あっと言う間でした!

新鮮で無農薬、とてもみずみずしくて好評でした。スーパーでものより汁気があると。
ほんのりと甘さと香りがあると。。。

うれしかったです!

そのあとまた養液を補充しに行ったとき、・・・・またまた見つけました!
No2のキュウリを。柱のかげだったので見逃していました。

結構大きくなっており、これもあと1~2日くらいで収穫できそうです。
楽しみです。次はどうやって食べようかと・・・・。

08061

08062

08063
 


2011年8月 6日 (土)

初キュウリを収穫しました!

昨日の夕方、初キュウリを収穫しました。

高い位置に横たわっていたため、下から見たときは大きく見えたのですが、
実際に収穫したあと目の前で見てみると、普通の大きさでした。
形状から見るともう少しあとでも良かったかも知れません。

今、きれいに洗われて冷蔵庫の中で冷やされながら休息中です。
今晩、モロキューに変身し、ビールのつまみになる予定です。

本体は写真のように密生状態となってきており、もう上の空間が残っていま
せん。なので新しい芽はすべて摘み取っています。

下から出てきているのだけは将来の実を増やすため、少し延ばしてから摘
み取るようにしています。

とにかく次から次へと新しい実のついた花が出てきています。
すごい数なので恐らくいっぺんには大きく育つことはできないと思います。

数にして1株あたり15~20。半分以上は成長できず落ちるのではないか
と思います。この辺は少し先に摘み取って、早く実を成長させるようにした
方が良いのかわからないので、後日調べたいと思います。

08051

08052


2011年8月 3日 (水)

初キュウリがもうすぐ収穫です!!

全て実になる花が落ちていると思っていた先週のある日、風除室の窓枠の上に
緑色の小さい棒が転がっているのを発見。

よく見るとナッなんと大きく成長しているキュウリでした。
自分の目線に対して高い位置であり、多くの葉の陰だったため気が付かなかっ
たのですね。

そして現在も退化せずに転がっています。
ここ最近急ピッチで成長したようで、現在の大きさはスーパーで売っている
ものと比べると約80%くらいの大きさになっています。
あと2~3日で収穫できそうですね!

最初の頃はどんどん上に横に本体が成長していたためか、次々についた
キュウリの芽(ミニキュウリ)は徐々に色がうす茶色に変色し、脱落し
ていきました。

早く大きな実をつけてほしいという育成責任者の期待とは裏腹に、脱落
を繰り返す毎日。

このキュウリはがらばっかり大きくなって、いったいいつになったら実
をつけてくれるのか・・と恨めしく眺めていました。

しかし先週の中頃、水耕野菜が西日を遮る状況を外から確認しようと
見てみると、窓枠の上に1本のキュウリが横たわっているのを発見。

待ちわびた初キュウリの収穫が近づいていることに、気が付いたのでした。
今週末には収穫してモロキューにし、それをつまみにして祝杯をあげたい
と思います。

急激に成長と言えば、ここ最近急激にナスが成長しています。
高さを測っていませんが、ここ数日で一気に背丈が延び、葉が巨大化しました。
そして、これもナッなんときれいな紫色の花が咲いているではありませんか。

初めこそ栄養障害菜だと思っていたのですが、そうではなかったのです!
思わず「大器は晩成する」のことわざを思い出してしまいました。

何とかお盆には水耕ナスの試食会が開催できそうで、良かったです。
めでたしめでたし!

08031

08032

08033

08024
 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック