ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« キュウリの最上部成長点をカットしました | トップページ | 水耕ミニトマトとキュウリ、次から次から新芽が発生 »

2011年7月16日 (土)

キュウリもミニトマトも本体はほぼ成長を完了。あとは・・・

キュウリもミニトマトも本体側は大きくなり過ぎるくらい大きくなりました。

まだ横方向の成長は完全ではありませんが、上下方向はどちらも2m
以上となり、もう上への成長は止める方向で管理し始めています。

キュウリは幹のあちこちから新成長点が出てきており、ミニトマトも各枝
葉の付け根より新成長点が出てきています。

ミニトマトの場合、この新成長点は切り取るというのが普通ですが、
今回は上側の成長点は止めるようにしていますので、枝の付け根から
の成長点は、そのままで放任栽培で進めるつもりです。

また、ナスも急激に大きくなり始めました。
今までが非常にスローだったため、市販の苗は接ぎ木してあるため成
長が早いんだろうと思っていましたが、ようやくこちらもターボエンジン
が作動を開始したようです。

以前にも書きましたが、玄関前の風除室(=温室)栽培なので、心配
していることは、次の2つです。

1)窓を開けても通気不十分で熱気がこもり、野菜が熱中症(?)にな
  ること。
2)水槽が黒いプラコンで冷却機能が無いので、水温が上がりすぎて
  やはり熱中症(?)になること。

しかし以前ベランダで水耕栽培した際、ミニトマトは50個くらい収穫し
てから立ち枯れ病、キュウリは30本くらい収穫してからウドンコ病に
なり、どちらも盆明けの頃ダウンしました。

今回はその轍を踏まないため、熱中症のリスクをかかえても屋内での
育成を続けるつもりです。

07161

07162

07163

07164


« キュウリの最上部成長点をカットしました | トップページ | 水耕ミニトマトとキュウリ、次から次から新芽が発生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568479/52219599

この記事へのトラックバック一覧です: キュウリもミニトマトも本体はほぼ成長を完了。あとは・・・:

« キュウリの最上部成長点をカットしました | トップページ | 水耕ミニトマトとキュウリ、次から次から新芽が発生 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック