ブログランキング

  • ランキングに参加しています。
    よろしくお願いします。
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
無料ブログはココログ

Analitics

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

9日間でミニトマト35cm、キュウリ45cm成長です

9日間海外出張のため、水耕野菜の面倒見はカミさんに見てもらっていました。
といっても、あらかじめ作っておいた養液の補充だけですが。

成長した長さを測ってみると、ミニトマトは約35cm。キュウリは45cmほど出張
へ行く前より成長していました。

このくらいの成長が普通なのか普通でないのかはよくわかりませんが、タイミン
グを変えて何度か作る予定ですので、そのうちわかるようになると思います。
路地ものとくらべどうなのかは、一度インターネットで調べてみたいと思います。

ミニトマトは小さな花のつぼみが出てきており、幹にはすごい白い毛のようなも
のがもじゃもじゃと出てきています。

キュウリも早く花が咲かないかなと、少し待ち遠しいです。
今後の成長が楽しみですね。

それとナスの方も徐々に成長しているのですが、前回育成を終了したレタスと
サニーレタスの成長点をその横に植えた・・というよりは、バーミキュライトの中
に茎を埋めたのでしたが、元気に成長を再開しています。

すぐにしおれて死んでしまうだろうと予想していたのですが、予想を良い方向で
裏切られ、植物の生命力を見せ付けられたような思いです。

水槽側から根が出ているか見てみましたが、まだ大きく延びている感じでは
ありませんでした。あとしばらく様子を見てみようと思っています。

1点注意点ですが、少し水を多めに入れ続けたため、バーミキュライトの表面
に緑色の藻の発生が観察されます。表面だけなのでしたら問題ないのですが、
水槽内部に繁殖していくようだと、根の吸収力に悪さをすることになるので、
要注意です。

バーミキュライトの表面は、少し乾燥気味にして藻の発生を押さえた方が良さ
そうです。

0628_s

0628_s_2

0628_s_3


2011年6月19日 (日)

早くもキュウリの蔓が巻き始めました

昨日誘引ネットを設置したのですが、今朝見たら早くもキュウリの蔓がネットに
巻いてしっかりととらえており、かけ登りそうな気配になっていました。

きっとそこら中一杯に延びるだけ延びると思うので、風除室は狭いのでどこかで
先を剪定していく必要があると思います。

ミニトマトもぐんぐん延びていますので、倒れないよう花おき棚に寄り添わせました。

またナスは下の写真の通りまだまだ小さいのですが、その横に収穫を終了させた
レタスの成長点を千切ったものを埋めました。

すぐにしおれてしまうと思いましたが、意外にしおれずに元気にしています。
今は少し水分を吸い上げているようですが、どこまで生き残るか?です。
まさか新たな根が出てくるとか・・・?


ところで久しぶりに海外出張です。
6月28日に帰国予定ですので、月末までにはそのときの状況をアップしたいと
思います。お待ち下さい。

0619_s

0619_s_2

0619_s_3


2011年6月18日 (土)

レタス終了。ミニトマトとキュウリにネット設置

キュウリからつるが延び始めたので、早いうちに誘引ネットを設置する
必要がありました。でないと床の上を這って成長することになるので。

さすがに玄関前の風除室で、床上を這わせてキュウリを育てる勇気は
ありませんでした。

もしもそうしていたら、家族だけでなく来客にまで面倒をかけることに
なるでしょう。おそらく非難の嵐でしょうね。

まあ冗談はさて置き、今日ホームセンターに行ってツル植物の誘引用
ネットを買ってきました。支え棒とネットがセットで販売されていて、
2,450円と結構高かったのですが、毎年使えるかなと思い買って
きました。

設置するに当たっては先に植えてあったレタスは全て収穫して、まず
は一旦終了にさせました。少しあとで再度トライするつもりですが。
下記写真にサニーレタスのものがありますが、茎が木のようになって
いました。

さあいよいよネットを設置です。
支持棒が3組、ネット2式ですが、ネットは窓側にだけ設置する予定
なので、1式は使わないので保管しました。

風除室の西日が当たる側に、サッと設置しました。簡単です。
西側だとキュウリの葉が西日を遮ることになり、少しだけ省エネ効果
(風除室の室温の抑制)があるかもしれません。

0618_2

0618_2_2

0618

0618_3


2011年6月17日 (金)

水耕栽培の成長は早い?そろそろ誘引ひもが必要です。

キュウリもミニトマトも順調に成長しています。
ミニトマトは背がかなり延びたので、もうすぐ倒れそうな気配です。

またキュウリも随分延びたため、先端部が斜めになりかけていて、
このまま放っておいたら横に倒れはじめ、床の上を延びていきそうです。

いずれもこのままでは成長する方向が望まない方向になるので、できる
だけすみやかに誘引ひもの設置をする必要がありそうです。

明日は土曜日で休みなので、ホームセンターに行って誘引ひもを買って
きて、取り付けようと思っています。

家の玄関の風除室内なので、あまり見苦しくならないよう上手に工夫
して取り付ける必要があります。お客さんに良い印象を与えるため。

まずは現場をよく見て、よく考えてみます。

ところで我が家では、玄関の入り口の前の風除室に水耕野菜(レタス)
を置き育てているので、良く来られるお客さんが「すごいねぇ!」
と言って、感心して行くとのこと。

中には何度も来られてその都度成長を目にして、詳しく育て方などを
聞いていく人もいるようです。(わたしは会社で不在のとき)

0617

0617_2s

0617_sjpg


2011年6月12日 (日)

もう一つのキュウリとナスを栽培槽に植え替え

ずっとスポンジ培地に蒔いたままだった2つ目のキュウリとナス二つは、今日ようやく
栽培槽に植え替えをしました。

これで根が太陽光にさらされることはなくなり、根の色も正常な白に戻ると思います。

また先にくず箱に植え替えしたミニトマトとキュウリは、順調に成長を続けています。
横に定規でも置いて、1日に何cm延びるか測定してみるのもおもしろいですね。

0612

0612_2

0612_3


2011年6月10日 (金)

水耕ミニトマト、キュウリ順調。ナスもようやく発芽

ゴミ箱を栽培槽にした水耕ミニトマトとキュウリは、順調に生育しています。

毎日苗の高さが変わっていきます。
この頃というのは、一番成長が目立つような気がします。

ミニトマト、キュウリをそれぞれ2苗ずつ植えて、先に1苗ずつゴミ箱栽培槽に
移植したのですが、2苗目のミニトマトも大きくなったので、同じように移植しました。

5月5日に種まきをして以来、一向に発芽しなかったナスですが、
ようやく先週に発芽しました。やはり温度が原因のようです。
6月に入って半袖陽気になりましたので。

現在移植が終わっていないのは、キュウリの2苗目とナス2芽(?)です。

長らくスポンジを陽光にさらしていたので、緑色の藻が発生してきています。
このまま放置しておくと、大事な根が緑色に覆われて吸収が悪くなるので、
今週末移植して日の当たらない状態にしてやるつもりです。

下の3枚目の写真は、2月に蒔いたレタスとサニーレタスです。
上に高く成長しながら、どんどん新しい葉が出てきます。

もうかなり食べましたが、まだまだ・・・・?

0610

0610_2

0610_3


2011年6月 5日 (日)

キュウリとミニトマト、植え替えして順調に成長中

先月29日に、かねてより発芽させていたきゅうりとミニトマトの小さな苗を、
植え替えしました。

もちろん簡易水耕栽培用の水槽にです。
といっても実は植えた部分は台所の水切りバットで、下の水槽はプラスチック製
のゴミ箱です。

水槽には絶対に紫外線が入らないようにした方が良いので、黒色のものに
しました。

今の時期は苗の生長は早いですね。毎日目に見えて大きくなっています。

以前はテラスで栽培して、キュウリはウドンコ病に、ミニトマトは立ち枯れ病に
なってしまったので、今回は風除室で育てて雨は当てないようにするつもりです。

問題は虫が病原菌を他から持ってくるかです。夏場はどうしても室温が上がる
ので、窓を開けて通気をしなければならなくなるので、虫の進入は網戸をしても
完全には避けられないと思いますので。

0528                         5月28日

0529_jpg                         5月29日

0604                         6月4日

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

★★★ 注意 ★★★

  • 下に載っていないバックナンバーは、【バックナンバー】の文字をクリックすると確認できます

水耕栽培の方法

  • 水耕栽培のやり方にはいろいろな方法があります。ここでは個人が趣味のレベルでできるやり方について、書いてみたいと思います。まずは今取り組んでいるやり方です。 【簡便法①】

水耕栽培リンク

  • いつでもレタス
    食器の水切りバットを使った簡単水耕栽培法の発案者の方のブログです。ここでもこの方法を使わさせていただいています。
  • LOVE SALAD −レタスの森通信−
    ベランダで野菜の水耕栽培をされている方のブログです。3年間でかなりいろいろな野菜を収穫されています。体育会系のママさんとのこと。
  • ベランダ道場
    2008年開始のブログ。水耕栽培がメインのようですが、プランター/露地栽培などもあり多彩です。成功と失敗の経験が豊富です。

最近のトラックバック